桂山窯は初代和田桂次郎開窯以来、九十有余年、
恵まれた美濃の風土のもと、食器、工芸品、茶道具等を伝承技法のもと制作しております。
伝統を大事にしながら、現代に生を受ける作家として、
新しい息吹きを表現すべく意を留めております。
願わくばこの作意が愛陶家皆様に、こよなく愛されることを祈っております。

和田 和文
Kazufumi  Wada



桂山窯四代目
美濃陶芸協会会員

1949年岐阜県土岐市に生まれる。1969年に多治見工業高校窯業専攻科を卒業し、家業を継承する。
1974年には朝日陶芸展に初入選。それ以後、中日国際陶芸展・国際陶磁器展美濃・日本伝統工芸東海展・美濃陶磁展などに多数入選入賞する。
また、海外陶芸研修やイタリア国立ファエンツァ陶芸学校でのミニカルチャー講師、個展など陶芸家としての活動の他、桂山窯四代目として、くらしの器をプロデュースし、近年は野外モニュメントや陶壁等の建築空間における焼き物及び有名ホテルの器などを多数手掛ける。

陶歴

1949 岐阜県土岐市生まれ
1969 多治見工業高等学校窯業専攻科 卒業
家業「桂山窯」へ入る
1974 中日国際陶芸展    初入選(以後8回入選)
朝日陶芸展       初入選(以後7回入選)
1976 伝統工芸東海支部展 初入選(以後2回入選)
1981 日本新工芸展       入選
土岐市日中友好協会 中国景徳鎮を訪窯
1988 美濃陶芸展 中日奨励賞 初受賞(以後2回受賞)
1989 東京日本橋高島屋にて食器個展開催
国際陶磁器展美濃   初入選(以後1回入選)
1990 土岐市よりイタリア・ファエンツァ陶芸派遣
国立ファエンツァ美術陶芸学校にて講師を務める
1994 土岐市よりドイツ・イタリア陶芸視察
岐阜県より依頼され県道白沢大橋の陶壁を制作
1998 東京南青山[高辻]にて個展開催
2003 イタリア陶芸視察 マジョリカ陶芸作家と交流を図る
2004 土岐市より依頼され新都市橋の陶壁を制作

新都市橋陶壁
「天空」(2004)

国際陶磁器展美濃’95 入選
「鉄釉流紋壷」(1995)

Copyright (C) 2006 Keizangama-Wada Ltd. All Rights Reserved.

▲ページのトップへ

トップ作家紹介ギャラリー案内アクセスお問合わせリンク